おかげ様で、ここ数年で様々なメディアに取り上げられ気付いたら

「負債相続の第一人者」

と呼んでいただけるようになっていました。

 

2019.4.26

「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事6回目が配信されました

「幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当センター代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。


第6回目(2019年5月17日配信)は、

『叔父が自己破産…「亡き父が連帯保証人」で300万円の請求が?』

相続する財産は、借金はもちろんですが、被相続人様の連帯保証債務も相続の対象になります。
相続財産に連帯保証債務があるという事は非常にわかりにくく、相続手続き終了した数年後に突然債権者から通知が届き、連帯保証債務が発覚することがあります。
相続手続きをする際、少しでもご不安事がございましたら専門家へ相談することをおすすめいたします。


 

2019.5.13

NHK「あさイチ」相続特集番組に、代表:椎葉がVRT出演させていただきました

5月13日放送のNHK朝の情報番組「あさイチ」の特集
「もしもの時に備える!“イマドキ相続”」
の中で専門家としてVTR出演させていただきました。
放送では、実際にご相談いただいたお客様に取材協力をしていただき、お亡くなりになったお父様の相続が発生してから相続放棄を決断するに至るまでの経緯を再現VTRにて取り上げていただきました。

(再現VTR内容)
亡き父の相続財産に想像を超える多額の借金があることが判明。
また、代々受け継がれてきた実家は交通が不便で買い手がつきそうにないため、今後を考えて相続をせずに相続放棄をすることを決断するに至りました。
相続に負債がある場合、どのように手続きをしていくと良いか専門家へご相談することをおすすめいたします。
今後も相続トラブルで困窮する方が一人でも多く救われますように、活動していきたいと思っております。


 

2019.5.10

NHK「あさイチ」 相続特集番組 VTR出演のお知らせ

当グループ代表:椎葉基史がNHK放送様より相続について取材を受け、5月13日の特集番組内で専門家としてVTR出演する予定です。


放 送 局 : NHK
番 組 名 : あさイチ
放送内容 : 特集「もしもの時に備える! “イマドキ相続”」
放送日時 : 2019年5月13日(月) AM 8:15 ~ AM 9:45

番組内では椎葉基史が専門家として「負債相続」や「相続放棄」についてお話しさせていただいております。


 

2019.5.7

「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事4回目が配信されました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当センター代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。

第4回目(2019年5月3日配信)は、

「父の死から1年後1800万円の債務が発覚…相続放棄はできる?」

相続する財産はプラスの財産だけでなくマイナスの財産も含まれます。 また、マイナスの財産には借金だけでなく連帯保証債務も含まれますが、相続時には発覚せず数年経過後に突然債権者から通知が来て知ることもよくあります。
当センターでは、自宅不動産や親子・親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


 

2019.4.26

「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事3回目が配信されました

「幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当センター代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が配信されています。


第3回目(2019年4月26日配信)は、

「娘の死後に600万円の借金が発覚…「返済義務」は誰にある?」

相続財産に負債がある場合でも、ご遺族様の意向で相続放棄手続きをすることが解決策にならない場合もございます。
当センターでは、自宅不動産や親子・親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


 

2019.4.20

「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事2回目が配信されました

「幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当センター代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
が連載にて配信されています。


第2回目(2019年4月20日配信)は、

「余命2年・借金2千万円の夫が、妻子に家と預貯金を遺した方法」

生前の相続放棄手続きはできませんが、相続財産に負債がある場合、前もってご相談いただくことでスムーズに相続手続きができる場合がございます。
当センターでは、自宅不動産や親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


 

2019.4.12

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて連載記事がスタートしました

幻冬舎の総合情報サイト「幻冬舎GOLD ONLINE」にて、当センター代表の椎葉基史著の書籍
『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
から一部を抜粋しました連載記事
「身内の負の遺産をどうする?事例で学ぶ「負債相続」対策」
がスタートしました。
「負債相続」の仕組みや解決方法、「相続放棄」の記事が配信される予定です。

第1回目(2019年4月12日配信)は、
「亡き夫に3000万円の借金…自宅を失わず相続放棄はできる?」
負債がある場合の相続手続きは、全ての相続人様が相続放棄をすれば解決できるというケースだけではございません。
当センターでは、自宅不動産や親族間の問題等も含め、相続人様がご納得いただける相続手続きのご提案をさせていただいております。


 

2019.3.27

週刊エコノミスト(毎日新聞出版)様に記事が掲載されました

当事務所の代表椎葉基史が週刊エコノミスト様より、資産価値を失った土地や家屋「負動産」の相続問題への取り組みについて取材を受け、 4月2日号(3月25日発売)

「終活で頼れる税理士・司法書士・社労士」

のコーナーにて記事が掲載されました。 不動産は、相続放棄手続きが認めれられた後も管理義務が残ります。
当センターでは相続財産管理制度に基づく手続きを選択肢としてお伝えしておりますが、費用と時間がかり、ハードルが高い手続きとなります。
今後も増えていくと予想されている要らない不動産(負動産)につきまして、他業種と連携し、なおかつ「負債相続を専門に取り扱う専門医」である司法書士・司法書士事務所として、一つでも多くの問題を解決するために尽力してまいります。

 

2019.3.7

代表:椎葉基史著の書籍の一文が引用掲載されました

当事務所の代表椎葉基史著「身内が亡くなってからでは遅い相続放棄が分かる本」(ポプラ社)の一文が、下記書籍にて引用掲載されています

「老いた家 衰えぬ街 住まいを終活する」(野澤千恵:著/講談社現代新書)

今後も、『空き家問題』や『不動産の相続放棄』につきまして、専門家として少しでもご相談者様のお力になれますように努力してまいります。
また司法書士として、このような負債問題や空き家問題等を一つでも多く解決できますように尽力いたします。

 

2018.4.12

フジテレビ【プライムニュースイブニング】にVTR出演いたしました

4月9日放送のフジテレビ(FNN)のニュース番組「プライムニュースイブニング」の特集コーナーで、椎葉基史が代表を務めます「相続放棄相談センター」の活動内容を取り上げていただき、椎葉基史が専門家としてVTR出演させていただきました。
遺産分割協議で「何も受け取らない」とサインしたはずが、後になって故人の借金を支払うようにと請求されたというご相談をいただくことがあります。
実は、法律で認められる「相続放棄」という手続きと、遺産分割協議書による「相続の放棄」は全く意味が異なります。
放送では、実際にご相談いただいたお客様に取材協力をしていただき、再現VTRとして取り上げていただきました。
今後も相続トラブルで困窮する方が一人でも多く救われますように活動していきたいと思っております。
また放送内容以外にも負債相続のご相談を多くいただいており、代表・椎葉著書「身内が亡くなってからでは遅い『相続放棄』が分かる本」のなかで解決事例を多数紹介させていただいております。
 

2018.3.7

「現代ビジネス」に第3回目の記事が掲載されました

当センター代表の椎葉基史著の書籍

『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』

が2月16日にポプラ社様から発売されました件につきまして、講談社様のビジネス向けメディア「現代ビジネス」で3回目の記事が掲載されました。
今回3回目は、
  『見知らぬ借金を背負うかも…「負債相続」で泣く前に知っておきたいこと』
と題しまして、プラスの財産・マイナスの財産、どちらが多いのかわからず判断が難しいときに検討したい「限定承認」や、事前に準備できる立場にある時に活用したい「生命保険の利用」について紹介しています。


 

2018.2.27

「現代ビジネス」に第2回目の記事が掲載されました

当センター代表の椎葉基史著の書籍

『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』

が2月16日にポプラ社様から発売されました件につきまして、講談社様のビジネス向けメディア「現代ビジネス」で2回目の記事が掲載されました。
今回2回目は、
『資産だと思ったらまさかの負債…「不動産相続難民」が急増中』
と題して、「空き家問題」や、「資産だと信じて相続した不動産に苦しめられる事例」について紹介しています。
 

2018.2.20

ビジネス向けメディア「現代ビジネス」で紹介されました

当センター代表の椎葉基史著の書籍

『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』

が2月16日にポプラ社様から発売されました件につきまして、講談社様のビジネス向けメディア「現代ビジネス」で紹介されました。
全3回シリーズで、負債相続についての知識や事例が配信される予定です。
今回1回目は、「相続」をしてしまったために多額の借金を背負わされてしまったという事例を紹介し、「負の遺産」から自身や家族を守るために正しい知識が必要だとしています。


 

2018.2.9

夕刊フジの公式サイト「zakzak」で紹介されました

椎葉基史が講師を務めますDVD

『知っておくべき負債相続と生命保険活用術』

を2月16日に発売させていただきます件につきまして、夕刊フジ(産経新聞社)の公式サイト:「zakzak」で紹介されました。
 

2018.2.6

DVDを発売させていただくことになりました

椎葉基史が講師を務めますDVDが発売されることになりました。
このDVDでは、2500件以上の負債相続を解決してきた実績と経験をもとに、相続の基礎知識を解説し、負債の生前対策における保険の活用法を紹介します。
生命保険の営業をするうえで役立つ情報が凝縮されております。
是非ご覧いただき、生命保険の営業にお役立ていただきたいと思います


【DVD 概要】 ■ タイトル:『知っておくべき負債相続と生命保険活用術』
■ 発 行日:2018 年 2 月 16 日(金)
■ 講 師:椎葉基史(しいば もとふみ)
■ 定 価:本体 10,000 円(税込:10,800 円)
■ 収録時間:約 2 時間 30 分
■ 制作・販売元:株式会社セールス手帖社保険 FPS研究所
 

2018.2.9

SankeiBizで紹介されました

2月1日にプレスリリースさせていただきました、椎葉基史が2月16日に出版させていただきます相続放棄の書籍

『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』

につきまして、SankeiBiz(産経新聞グループの総合経済情報サイト)で紹介されました。
 

2018.2.6

書籍の出版をさせていただくことになりました

椎葉基史が、相続放棄についての書籍を出版させていただくことになりました。
この書籍では当センターや代表の椎葉がこれまで解決してきた様々な事例を掲載し、相続放棄についての知識がなくてもわかるように、わかりやすく、詳しく解説しています。
また「限定承認」や「連帯保証」、さらに一見資産であると思われる「不動産」を相続するリスクについても詳しく解説しています。
手続きには期限がありますので、相続に直面する前に相続放棄の知識を身につけておくことでご自身や大切な家族を守ることになります。
負債相続によって取り返しのつかないことにならないためにも是非お読みいただき、皆様のお役に立てていただきたいと思います。

【書籍概要】
■タイトル:『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』
■発行日:2018年2月16日(金)
■著者:椎葉基史(しいば・もとふみ)
■定価:本体1,400円(税込:1,512円)
■判型:205ページ
■ISBN:978-4-591-15797-8
■発行:ポプラ社
 

2017.11.12

ラジオ大阪「谷敦の人、魅力、発見!」に出演させていただきました

当事務所代表の椎葉がラジオ大阪「谷敦の人、魅力、発見!」に出演させていただくことになりました。
カリスマ保険プランナーとして活躍されている、谷敦(たに あつ)様と対談もさせて頂きました。
対談の模様は動画にてご覧いただけます。
番組内では当事務所の特徴である、負債相続についてお話しさせていただいております。
 

2017.11

士業向け雑誌「プロフェッショナル サービス オンライン」様に記事が掲載されました

当事務所の代表椎葉基史のインタビュー記事が、株式会社アックスコンサルティング様発行の士業のための経営戦略マガジン【プロフェッショナル サービス オンライン】11月号に掲載されました。
お客様からの声を社員で共有し、効率良く事務処理を行う取り組みについてお話させていただいております。
 

2017.8

株式会社ダイヤモンド・パートナーズ様のニュースレターに掲載されました

先日7月20日に当センターの代表椎葉基史が「生保営業最強セミナー」(染宮教育総研株式会社様主催)の講師を担当させていただき、セミナーにご参加いただいた、「株式会社ダイヤモンド・パートナーズ様」発行のニュースレターにてご紹介いただきました。
 

2017.8

週刊エコノミスト様より取材を受けました

7/14日に週刊エコノミスト様(毎日新聞出版株式会社)より負債相続の専門家として取材を受けました。共有名義の不動産の相続や、相続放棄等で発生する空き家は増加しており、社会問題となっています。
 

2017.1

関西テレビ放送【ワンダー】様より取材を受けました

当センターの代表椎葉基史が、『死後離婚』について関西テレビ放送株式会社様より取材を受け、1月12日夕方放送の報道番組【ワンダー】の「わたしのモンダイ!」のコーナーで放送されました。(法律家としての表現は「姻族関係の終了」)
当事務所でも、相続のご相談をいただくときに併せてお話しするケースがあります。 ご主人が亡くなって、嫁姑の関係が悪化してるケースなど関係を断ち切りたいなどのケースで最近増えてきています。
姻族関係終了届は死後いつでも提出でき、相手側の同意は不要、親族関係が終了しますので扶養義務はなくなります。 遺族年金も手続きをすると引き続き受給できます。
 

2016.11

株式会社読売新聞社様より取材を受けました

当センターの代表椎葉基史が、11/22に株式会社読売新聞大阪本社様より、『死後離婚』についての取材を受けました。 (法律家としての表現は「姻族関係の終了」)
法務省戸籍統計平成26年度年報によると、「姻族関係終了届」の提出数は2009年1823件が2014年には2202件と年々増加しています。 親族関係が終了しますので、扶養義務はなくなります。 姻族関係終了届は死後いつでも提出でき、相手側の同意は不要、親族関係が終了しますので扶養義務はなくなります。 遺族年金も手続きをすると引き続き受給できます。
 

2016.9

毎日放送【VOICE】様より取材を受けました。

当センターの代表椎葉基史が、9/22に毎日放送【VOICE】様より、『死後離婚』について取材を受けました。 (法律家としての表現は「姻族関係の終了」)  当事務所でも、相続のご相談をいただくときに併せてお話しするケースがあります。 ご主人が亡くなって、嫁姑の関係が悪化してるケースなど関係を断ち切りたいなどのケースで最近増えてきています。 親族関係が終了しますので、扶養義務はなくなります。
 

2016.9

経済紙【実業界】様に記事が掲載されました。

椎葉基史のインタビュー記事が、株式会社実業界様出版の月間経済紙【実業界】に掲載されました。 負の財産を背負ってしまい困っている人々や、住む予定のない実家を相続して空き家となり困っている人々のために、負債相続のエキスパートとして活動していると掲載されています。
 

2016.7

書籍を共同出版しました

当事務所の代表椎葉基史が、株式会社アックスコンサルティング様と書籍を共同出版いたしました。 遺言書の書き方、民事信託を利用した相続対策、『争族』にならないために…など、『円満相続』に向けての方法や、私たちがするべき事などを、執筆させていただいております。
 

2016.8

リスクマネジメント専門人材育成の団体で連載開始!

RMCA様のメールマガジンで椎葉基史の連載が8月1日から隔月でスタートします。
今回の第1回は特集「世界の相続制度」です。
 

2016.6

「保険毎日新聞」様に記事が掲載されました

当事務所の代表椎葉基史が、先日プレスリリースいたしました『社長の相続110番』につきまして、保険毎日新聞様に記事が掲載されました。